合格率66.3% 3人に2人が合格【日本語教育能力検定試験 合格パック2021】

Book&Video

合格率66.3% 3人に2人が合格【日本語教育能力検定試験 合格パック2021】

ぶーちゃん
ぶーちゃん

日本語教育能力検定試験の合格率66.3%の通信講座の紹介だよ

米日本語教育能力検定試験 合格パック2021は販売終了いたしました。

【日本語教育能力検定試験 合格パック2021】

「日本語教育能力検定試験 合格パック2021」は、通信講座「NAFL日本語教師養成プログラム」合格率66.3%(2019年アルク調べ)に検定対策用の厳選教材を組み合わせたスペシャルパックです。
2021年1月6日まで10%オフになっております。

日本語教育能力検定試験の合格率66.3%の通信講座はこちら

日本語教育能力検定試験、わたしの友人に限っていえば、合格した人は、たくさんいます。ですが1発で合格したのは、今まで1人だけです。それだけ難しい試験かと思います。
なので3人に2人の合格というのは、すごいですね!

実は「NAFL日本語教師養成プログラム」のテキストを使って勉強したことがあります。
(パンズさんも日本語教育能力検定試験を受けたんですか)と思われた方、ちがいまーす(笑)
420時間日本語教育養成講座のテキストが「NAFL日本語教師養成プログラム」だったんです。
講座の終了が近づいたころ、アルクの担当者さんが来校して、「※○○のポイントを押さえて勉強すれば合格できます」と、
わたしたちに説明してくださりました。それを聞いて、みんなやる気になったのですが、すでに日本語教育能力検定試験が終わったころでした(残念)
※○○の部分、忘れちゃいました。ごめんなさい。

実際に420時間日本語教育養成講座で使われているテキストでもあるし内容は信頼できると思います。今から勉強すれば来年の10月の試験に合格できるのではないでしょうか。

420時間日本語教育養成講座も100%の方が終了できるわけではありません。中には途中で挫折したり、単位をとれない方もいます。大学を卒業していなければ終了しても国内の日本語学校では教えることができません。
わたしの養成講座の同期生で通信の大学に入って大卒の資格を取ろうとがんばっている方もいます。
日本語教育能力検定試験に合格すれば、全てとはいいませんが、そういった問題は解決します。
日本語教師を目指している人、合格率66.3%の通信講座で勉強してみるのもありかと思います。

日本語教育能力検定試験の合格率66.3%の通信講座はこちら



関連記事

海外で日本語教師になるには 3つの条件別、3つの国別ポイント

日本語教師になりたい人必見!”最短・最安で日本語教師の資格を取ろう!

にほんブログ村 外国語ブログ 日本語(外国語)へ
にほんブログ村

日本語ランキング







コメント