日本語教育能力検定試験の参考書代をお小遣いでもらおう!

Book&Video

日本語教育能力検定試験の参考書代をお小遣いでもらおう!

検定試験の参考書代をお小遣いでもらおう!


昨日、日本語教育能力検定試験の赤本が届きました。ぶ厚くて電話帳みたい。はたして覚えられるのやら(笑)

赤本や過去問を揃えるとなると、書籍代で1万~2万円くらいの予算が必要になります。出かけたときは、その街のBookoffとかをまめに立ち寄ったりしてるのですが、まったく過去問は見当たらないです(時期が悪いのかな?)ヤフオクやメルカリはあんまり安くないから、新品で買うしかないのかな。

【日本語教育能力検定試験に必要な参考書代】今回は、その分をお小遣いでもらっちゃう方法を紹介します。

そればズバリ!A8net(ASP)を使います。
A8net(ASP)はブログをやってなくても無料で会員になれます。その会員の【セルフパック】というサービスを使うと、1万円~2万円くらいのお小遣いがもらえるのです。
セルフパックとは会員自ら商品を買うと、キャッシュバックがあるサービスなのですが、買わなくてもいいセルフバックがあります。それは、資料請求、アンケートサイトの登録、銀行口座、そしてクレジットカード。
なかでもクレジットカードは金額が高くて、1件当たり5000円~20000円くらいのお小遣いを得ることができます。
新たに年会費無料のクレジットカードを作れば、お金がかからずにキャッシュバックがもらえます。
ただしクレジットカードや銀行口座開設は、1か月に2件までにしてくださいね。それ以上、申し込むと怪しまれるらしいです。

A8netの登録方法

まずA8.netの申し込みページから「無料会員登録アフィリエイトをはじめてみる!」をクリックします。

次にメールアドレスを入力し「仮登録メールを送信する」をクリック

A8netからメールが届くので、届いたメールに貼られているURLをクリックし、会員登録を完成させます。


A8netの画像

サイト情報を入力、サイトが無くても大丈夫です。ここで一応無料のファンブログも作れます。


A8netの画像

銀行口座を登録


A8netの画像

内容確認の画面、チェックしたら「メディア会員登録する」ボタンを押して登録完了です。

A8.netの申し込みページはこちら

ちょっと疲れましたか?
いったん休憩して、実際にセルフパックをしてみましょう。

A8netにログインすると、ホーム画面の下のほうにセルフパックがあります。
「セルフパックはこちら」をクリック

「クレジットカード」で検索。またはカテゴリーの金融で探す。


このカードがいいなあと思ったら、「詳細を見る」をクリック

内容を確認して(年会費無料など)、決めたら、「セルフパックを行う」をクリック

あとは、カード会社の入力画面で手続きをすれば完了です。

審査などもありますので、すぐには現金がもらえませんが、1~2か月後には振り込まれる予定です。

カードの審査に関して、仕事をされている方は問題ないのですが、休職中の方は審査が通るか不安だと思います。わたしは帰国後、これといった仕事をしていませんが、楽天カードとエボスカードの審査は無事に通りました。楽天カードとエボスカードは審査がゆるいので、よっぽどのことがないかぎり通ると思います。

参考記事:海外旅行に持っていきたいクレカとポイントがたまるクレカ。2枚のクレカを作るのにおすすめなポイ活サイトの紹介【海外へ行く準備編】

2万円くらいのお小遣いはできましたか。
あなたの参考書代になったなら、幸いです。

以上「日本語教育能力検定試験の参考書代をお小遣いでもらおう!」でした。

では、また。
試験勉強がんばらなきゃ。




関連記事
日本語教育能力検定試験の勉強をはじめました

みなさんのご意見、ご感想をお聞かせください。
Twitter
問い合わせ
この記事のコメント欄↓
どれでもOKです。

にほんブログ村 外国語ブログ 日本語(外国語)へ
にほんブログ村

日本語ランキング

#日本語教育能力検定試験




 

コメント